横浜市保土ヶ谷区星川の内科・胃腸科クリニックなら、医療法人 文光会 小泉クリニック

小泉クリニック

待ち状況ナビ
  • フリーダイアル
  • 〒240-0006 神奈川県横浜市保土ヶ谷区星川 1-4-5-1F
    休診日:木曜・日曜・祝日

ホーム > 診療案内 > 上腹部 > 肝機能に異常

診療案内


肝機能に異常

肝機能異常

沈黙の臓器・肝臓について

肝臓は機能異常に陥っても自覚症状が少なく異常に気づきにくいため、沈黙の臓器といわれています。しかし、人間ドック受診者の20-30%に肝機能異常が見られ(多くは脂肪肝です)、C型肝炎の頻度については国民の約2%と言われています。(40歳以上にC型肝炎感染が見られ、特に70歳以上で感染率が高いのが特徴です/2010年時点

インターフェロン治療について

C型肝炎に対するインターフェロン治療は、18年前と比べて格段に進歩(著効率10%→60%)しました。慢性肝炎の段階で発見し、インターフェロン治療でウイルス排除できれば肝細胞がん発がん率を下げられます。理想的には60歳未満でインターフェロン治療をすることが勧められます。(体力的/著効率の点で優る)

C型肝炎→定期検査を

インターフェロン治療の有無に関わらず、C型肝炎と言われたら定期的検査(血液、エコー・CT)を受けることが大切です。

当院の特徴

当院では肝臓専門医が診察をします。※院長は東京医科歯科大学第二内科(現 消化器内科)・関連病院にて肝臓診療に携わり、肝臓専門医資格も得ています。




脂肪肝

原因 / 症状について

健診で見つかる無症状のものがほとんどです。まれに右上腹部痛を生じます。肥満、過食、飲酒、糖尿病、メタボリック症候群などにより肝臓に脂肪が沈着した状態で、内臓脂肪の一環です。肝硬変症に発展したり、動脈硬化の引き金になることがあります。

検査 / 治療について

腹部超音波・CT・血液検査で診断します。生活習慣改善(体重の減量、食生活改善など)、合併する高脂血症の治療などを行います。特殊形;非アルコール性脂肪肝炎(NASH)があり、放置すると肝硬変・肝細胞がんになりやすいのです。




慢性肝炎、肝硬変

原因 / 症状について

肝炎ウイルス(B型、C型)、アルコールなどによって肝臓が徐々に破壊され、線維化(硬くなる)が進む過程が慢性肝炎で、終末像が肝硬変です。これまでは成人がB型急性肝炎を発症すると慢性化しないと言われましたが、近年都市部で慢性化する亜型が増えています。C型肝炎が成人に罹患すると、高率に慢性化することが分かっています。慢性肝炎~肝硬変初期は自覚症状はなく、肝硬変の後期になると腹水・黄疸・消化管出血・意識障害などの症状がみられることがあります。

検査 / 治療について

血液検査、腹部超音波・CT、必要に応じて入院にて肝生検(肝臓の組織の一部をとる)・腹腔鏡などを行って診断します。C型肝炎に対するインターフェロン治療は過去20年で大幅に進歩しました。その他、核酸アナログ製剤(B型肝炎)、肝庇護療法(強ミノCなど)を行います。(”沈黙の臓器”参照)




医療法人 文光会 小泉クリニック
〒240-0006 神奈川県横浜市保土ヶ谷区星川1-4-5-1F TEL:045-331-3325

(C)MEDICAL CORPORATION BUNKOKAI KOIZUMI CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.